不祥事.com

 世の中に蔓延る諸悪を職業別に記録サイト

警察官が警察車両を飲酒運転で事故

f:id:Audience091:20191123214324j:plain

警視庁の42歳警察官が、勤務で警察車両を運転中に飲酒運転で懲戒処分を受けました。42歳ともなるとベテラン警察官のはずですが、前日に飲んだお酒が残っており、二日酔いの症状を自覚していたにもかかわらず、勤務で車両を運転して物損事故を起こし、検知したところ基準値を上回る酒気帯び状態だったとのことです。東京の警察はどうなっているのでしょうと不安になる事件でした。

二日酔いで警察車両運転 警察官を懲戒処分 警視庁

警視庁の警察官が二日酔いの状態で警察署の車両を運転したとして懲戒処分を受けました。

懲戒処分を受けたのは警視庁牛込警察署の刑事組織犯罪対策課に勤務する42歳の男性巡査部長です。

警視庁によりますと、巡査部長は先月8日、事務の仕事で府中市にある警察学校に向かう際に警察署の車両を酒気帯びの状態で運転したということです。

渋谷区の交差点で、ワゴン車と接触する物損事故を起こして、相手のドライバーが酒のにおいに気付いたことから飲酒検知が行われ、基準値を上回る酒気帯びの状態だったことが分かりました。

巡査部長は前の日の夜に自宅で焼酎を飲み、朝、二日酔いかもしれないと感じましたが、出勤後に上司や同僚から酒のにおいを指摘されなかったため、大丈夫だと思ったと話しているということです。

警視庁は22日、書類送検するとともに、減給の懲戒処分としました。

巡査部長は辞職したということです。警視庁は「警察官がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾で、再発防止に努めてまいりたい」などとコメントしています。

11/22(金) 16:53配信 NHK NEWS WEBより

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191122/k10012187311000.html

 

巡査部長を書類送検 二日酔いで車運転―警視庁

 前夜に酒を飲み、二日酔いの状態で車を運転したとして、警視庁は22日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で牛込署刑事組織犯罪対策課の男性巡査部長(42)を書類送検した。容疑を認めているという。
 同庁は同日、巡査部長を減給100分の10(6カ月)の懲戒処分とした。巡査部長は同日付で辞職した。
 送検容疑は10月8日午前、東京都渋谷区内などで、酒気を帯びた状態で牛込署のミニバンを運転した疑い。
 警視庁によると、巡査部長は7日午後9時ごろから、自宅で約1時間半にわたって焼酎のロックを3杯飲んで就寝。翌朝出勤して、業務で車を運転した際に渋谷区内で接触事故を起こし、酒気帯び運転が発覚した。
 巡査部長は「朝起き、二日酔いかもしれないと感じたが、出勤後周囲から酒臭いと言われず、大丈夫だろうと安易に判断した」と説明しているという。
 中山仁・警務部参事官の話 誠に遺憾。再発防止に努める。

11/22(金) 17:23配信 時事ドットコムより

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112200946&g=soc