不祥事.com

 世の中に蔓延る諸悪を職業別に記録サイト

自衛官が先輩に腹を立てて暴行

f:id:Audience091:20191119063815j:plain

38歳の男性自衛官(2等陸曹)が先輩隊員を転倒させ、馬乗りになって胸倉をつかむ等の暴行を加えた疑いで停職16日の懲戒処分となりました。容疑者は兵庫県内の事務所で、先輩からの適切な業務の指示がなく腹を立てて行為に及んだと供述しています。最近は上司や先輩からのハラスメントが世間を騒がせていますが、下の立場の者からのこのような行為は珍しいと思いますが、やり過ぎはよくありません。言葉で解決の手口を探って欲しいです。

38歳の自衛隊員、先輩隊員を転倒させ「馬乗り」で暴行…全治3週間のけが負わせ懲戒処分

自衛隊の隊員が先輩の隊員に馬乗りになって暴行を加え、けがをさせたとして、懲戒処分を受けました。

停職16日の懲戒処分を受けたのは自衛隊兵庫地方協力本部に所属する38歳の2等陸曹の男性です。

自衛隊によりますと男性隊員は今年2月、兵庫県内の事務所で、先輩隊員を転倒させたうえ、馬乗りになって胸ぐらを掴むなどの暴行を加え、全治3週間のけがをさせました。

男性隊員はその日のうちに上司に報告し、「適切な業務の指示がなく腹を立てた」と話したということです。

自衛隊兵庫地方協力本部は、「法令順守について再三指導してきた中での不祥事で大変申し訳ない。隊員の指導・教育を再度徹底する」とコメントしています。

11/18(月) 19:30配信 関西テレビより

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-19304204-kantelev-l28

 

先輩を馬乗りで暴行「適切な指示なく立腹」 自衛隊員を懲戒処分

 自衛隊兵庫地方協力本部(本部・神戸市中央区)は18日、先輩隊員に暴行を加え負傷させたとして、同本部の男性2等陸曹(38)を停職16日の懲戒処分にしたと発表した。

 同本部によると、2等陸曹は2月14日、県内の事務所で、先輩隊員に馬乗りになって胸ぐらをつかむなどの暴行を加え、全治3週間のけがを負わせた。同日、上司に報告して発覚した。2等陸曹は「先輩から適切な業務の指示がなく、立腹してしまった」と話したという。

11/18(月) 12:00配信 神戸新聞NEXTより

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201911/0012887085.shtml