不祥事.com

 世の中に蔓延る諸悪を職業別に記録サイト

役職消防士3名やり過ぎパワハラでクビ

f:id:Audience091:20191113100944j:plain

大阪府の茨木市消防本部で部下に対する暴行で3人の消防士が懲戒免職となりました。白川文署に勤めていた消防司令補、消防士長、消防副士長は、部下の20代男性を消防活動用のロープでしばり逆さに吊り下げ報知したり、別の男性部下に対して血圧計を首に巻き付け顔面や眼球に内出血を生じさせるほど暴行を加えた疑い。「若い職員とコミュニケーションを取りたかった、強いチームにしたかった」と意味の分からない供述を消防司令補はしているそうです。最低のパワハラです。

「強いチームにしたくて…」消防士後輩を血圧計ベルトで首絞め、ポンプ車に逆さづり

 部下の消防士を逆さづりにしたり、血圧計で首を圧迫したりしたとして、大阪府茨木市消防本部は12日、救急救命士の国家資格を持つ男性消防署員3人を懲戒免職にしたと発表した。
 3人は白川分署に勤務していた消防司令補(47)、消防士長(34)、消防副士長(33)。

 発表によると、消防司令補は4月、部下の20歳代の男性消防士にスマートフォン内の写真を見せるよう強要。断られると、全身を消防活動用のロープで縛り、分署内の車庫に止めていたポンプ車の手すりに逆さにつり下げ、約5分放置した。

 別の男性消防士に対しては、消防士長と消防副士長の2人が5月、救急車内で血圧計のベルトを首に巻き付け、作動。消防士は「やめてください」と訴えたが、声を出せなくなって苦しむまでベルトは外されず、顔面や眼球に内出血を生じた。

 消防司令補は「若い職員とコミュニケーションを取りたかった。強いチームにしたかった」と話しているという。

11/12(月) 22:27配信 讀賣新聞より

https://www.yomiuri.co.jp/national/20191112-OYT1T50235/

 

消防、後輩の首に血圧計巻き圧迫

 大阪府茨木市消防本部は12日、血圧計で後輩の首を強く圧迫したり消防車に逆さづりにしたりしたとして、33~47歳の男性救急救命士3人を懲戒免職処分にした。うち1人は被害の口止めも図っていた。記者会見で「いじめ以上だ」との認識を示し、監督責任を問い泉頼明消防長らも減給10分の1(3カ月)などの懲戒処分にした。

 同消防本部によると、5月17日午前0時35分ごろ、白川分署に所属していた消防士長(34)と消防副士長(33)が、出動の帰りに給油所に立ち寄った際、救急車内で自動血圧計の帯状器具を後輩の20代男性の首に巻き付け、作動させて内出血を顔や目に生じさせた。

11/12(月) 15:02配信 ロイター通信より

https://jp.reuters.com/article/idJP2019111201001783