不祥事.com

 世の中に蔓延る諸悪を職業別に記録サイト

生徒の悪ふざけに教諭のビンタ制裁

f:id:Audience091:20191110202536j:plain

大阪市の市立中学校で男性教員が生徒の頬を2回叩く件が教育委員会に報告され、男性が懲戒処分となった様です。男性教諭は水泳の授業中に、プールサイドで寝転がっており、女性教諭2人が男子生徒を悪ふざけのつもりでそそのかし、男性教諭にバケツで水をかけるように指示、実行した生徒は男性教諭に怒られる形で暴行を受けました。登場人物全員の行動に疑問があります。大阪の教育は大丈夫でしょうか。

男性教諭、生徒に水かけられ頬たたく…女性教員2人が生徒をそそのかして

 大阪市教育委員会は8日、水泳の指導中に生徒を平手打ちするなどした市立中学の男性主務教諭(35)を減給10分の1(3か月)の懲戒処分にしたと発表した。処分は10月31日付。

 発表では、教諭は今年7月、水泳の授業中に男子生徒にバケツで水をかけられて立腹。「なめてるのか、しばくぞ」などと暴言を吐いて、罰として50メートル泳ぐよう指示したうえ、生徒の頬を2回たたいた。

 教諭は水をかけられた際、安全確認を怠ってプールサイドで寝転がり、生徒を自由に泳がせていた。授業に立ち会っていた女性教員2人がその様子を見て、生徒をそそのかしたという。2人は「悪ふざけのつもりだった」と話しており、市教委は処分を検討する。

11/10(日) 11:32配信 讀賣新聞より

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00050339-yom-soci