不祥事.com

 世の中に蔓延る諸悪を職業別に記録サイト

消防士、勤務先前で堂々飲酒運転

f:id:Audience091:20191029205046j:plain

和歌山県の消防士が飲酒運転の疑いで逮捕されました。容疑者は犯行を認めている模様で、供述の内容としては非番に同僚らと酒を飲み、自宅に帰る途中で事故を起こしたとのことです。かなりの飲酒量だったのか、消防本部前の表示灯から、電柱と民家の堀などに接触事故を起こしました。また、自信の務めていた消防本部の前を飲酒した状態で運転するとは大胆な犯行です。

酒気帯び運転容疑で消防士逮捕 和歌山・かつらぎ

 和歌山県警かつらぎ署は28日、同県かつらぎ町の路上で、酒を飲んだ状態で車を運転したとして、伊都消防組合消防本部の消防司令補、藤岡大輔容疑者(50)=同町妙寺=を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は28日午後8時10分ごろ、同消防本部近くで、酒を飲んだ状態で車を運転した、としている。

 同消防本部などによると、藤岡容疑者が運転する車が消防本部前の表示灯に接触した後、近くの電柱にぶつかり、更に民家の塀に衝突。その後、約100メートル進んで停止したという。消防隊員らが藤岡容疑者に気づき、110番した。

 藤岡容疑者は4月から、橋本市消防本部(同県橋本市)内にある橋本・伊都地域消防指令センターに派遣されていた。この日は夜勤明けの非番で、同僚らと酒を飲み、伊都消防組合消防本部近くの自宅に帰る途中で事故を起こしたとみられる。【木原真希】

10/29(火) 00:51配信 毎日新聞より

 https://www.excite.co.jp/news/article/Mainichi_20191029k0000m040017000c/