不祥事.com

 世の中に蔓延る諸悪を職業別に記録サイト

警察が金銭受け取り情報漏洩

f:id:Audience091:20191023213148j:plain

京都府警の男性巡査長が、現金200万円と引き換えに監禁・強盗事件容疑者の男に捜査情報を漏洩させた疑いで起訴されていた池田大助被告が懲戒免職となりました。同人は「お金の魅力に勝てなかった。受け取ったお金は主にパチスロ等に使用した」と供述しているとのことです。警察官に相応しくない倫理観で驚きを隠せません。警察は信頼できる組織であってほしいと願うばかりです。

京都府警の巡査長、懲戒免職

 知人に逮捕予定日を漏らす見返りに現金200万円を受け取ったとして、京都府警は23日、東山署巡査長の池田大助被告(40)=地方公務員法違反罪で起訴=を懲戒免職処分にした。池田被告は収賄容疑で再逮捕されていたが、京都地検は同日、罪名を切り替えて加重収賄の罪で起訴した。

 起訴状などによると、池田被告は3~4月ごろ、知人男性から捜査情報を漏えいしてほしいとの依頼を受け、京都市内で現金計200万円を受け取り、7月10日、電話で逮捕予定日を連絡したとしている。

10/23(水) 18:10配信 ロイター通信より

https://jp.reuters.com/article/idJP2019102301001795

 

見出し2

 監禁・強盗事件の容疑者の男に、捜査情報を漏らした加重収賄と地方公務員法違反罪で京都府警東山警察署の巡査長・池田大助被告(40)が起訴され、京都府警は10月23日付けで池田被告を懲戒免職処分としました。

 起訴状などによりますと、池田被告は今年3月~4月にかけて、監禁・強盗事件の容疑者だった大津市の会社社長・高橋俊行被告(49)に、逮捕予定日などの捜査情報を漏らす見返りとして現金200万円を受け取った罪に問われています。

 警察の調べに対して池田被告は「お金の魅力に勝てなかった。主にパチスロに使った」と話しているということです。

10/23(水) 18:29配信 毎日放送より

https://www.mbs.jp/news/kansainews/20191023/GE00030111.shtml