不祥事.com

 世の中に蔓延る諸悪を職業別に記録サイト

病院院長が患者少女に突然のキス!

f:id:Audience091:20191016193218j:plain

杉並区に構えるとある病院の院長が、インフルエンザの診断書を受け取りに来ていた少女に突然キスをするわいせつな行為を行ったとされています。60歳から突然不意にキスをされる10代女性の心理を考えられると同情の余地しかありません。直ぐに交番に相談し、捜査が行われていますが、逮捕後も容疑を否認しているようです。当時は院内に当事者2人しかいなかったため真相は不明です。

診察中にわいせつ行為の疑い クリニック院長逮捕 容疑否認

ことし1月、東京・杉並区のクリニックで、院長の医師が診察中に10代の女性にわいせつな行為をしたとして、警視庁に逮捕されました。調べに対し容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、東京・杉並区下井草にある「井荻クリニック」の院長で医師の石井愼二容疑者(60)です。

警視庁の調べによりますと、ことし1月、クリニックの診察室で、診察中の10代後半の女性に対し、いきなりキスをするなどのわいせつな行為をした疑いが持たれています。

事件の前、女性は母親と一緒にこのクリニックを訪れ、インフルエンザの診断を受けていて、この日は学校に提出するための診断書を受け取りに1人で来ていたということです。

クリニックには石井院長と女性の2人しかおらず、女性は被害を受けた直後に交番を訪れ、相談していたということです。

調べに対し石井院長は、容疑を否認しているということです。

10/16(水) 12:56配信 NHK NEWS WEBより

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191016/k10012134101000.html 

 

患者の少女にキス 医師を強制わいせつ容疑で逮捕 警視庁

患者の少女にわいせつな行為をしたとして、警視庁捜査1課は16日、東京都杉並区の「井荻クリニック」院長で医師、石井慎二容疑者(60)=豊島区=を強制わいせつ容疑で逮捕した。
 逮捕容疑は、今年1月9日午後1時ごろ、杉並区下井草の同クリニックで、10代後半の少女を診察中、突然キスをするなどのわいせつ行為をしたとしている。「まったくのうそです」と容疑を否認している。

 同課によると、少女は1月上旬に高熱を訴えて同クリニックを受診し、インフルエンザと診断された。同9日に診断書をもらうため、一人でクリニックを訪れ、被害にあったという。クリニックには当時、石井容疑者と少女の2人しかいなかった。少女が被害直後に交番に「院長に顔をおさえられてキスをされた」と訴え、警視庁が捜査していた。

10/16(水) 12:47配信 毎日新聞より

https://mainichi.jp/articles/20191016/k00/00m/040/088000c